薬の形が沢山ある理由

一口に薬と言っても粉末、錠剤、軟膏、シロップ、パップ剤、坐薬など様々な種類のものがあります。
主となる効果は同じでもこのように違いがあるのにはちゃんとした理由があるのです。

薬の通販はこちら!

例えばお子様が薬を飲むことを考えると、錠剤でも大きい錠剤と小さい錠剤ではもちろん小さい錠剤の方が飲みやすいでしょう。
さらにお子様は大人と違って内臓の機能も完璧ではありませんから、飲みやすさ、飲んだ後の溶けやすさを考えるとやはり小さい錠剤がベストとなります。

軟膏に関しても肌の状態に合わせて主成分以外の成分がどう働くのかを考える必要があるので、様々な種類が用意されているのです。
そのため市販薬を購入する時には、効果はもちろんですが飲みやすさや使いやすさを考えて総合的に選ぶ必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です