医薬品の本質について理解しよう

医薬品は人の体に取り込まれてから作用して効果を発揮しますが、本来は人間の体にとって薬は異物なので、薬が人体に及ぼす影響は様々あると言われているのです。

薬の作用は全て解明されているわけではありませんので、求めている効果が必ずしも得られるというわけではなく、副作用が出る可能性もあるということです。

人に対して使用しない殺虫剤などの医薬品も、誤って人の体に曝されれば健康に悪影響を及ぼす恐れがあるのです。

医薬品は疾病の予防や治療、診断や人体の機能に影響を及ぼすなどの目的で使われている製品であり、リスクも伴う可能性があるので購入者が用法用量を守り、適切に使用することにより、薬は十分な役割を発揮できるということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です