世界の偽造医薬品から身を守りたいなら

海外では、例え安全な医薬品流通体制が整っていたとしても薬の偽造品が増加しているため深刻な問題になっていますが、個人輸入などを利用する機会のある人はぜひ知っておくと良いでしょう。

世界に流通している薬の約30%が偽造医薬品だと言われていて、偽造医薬品は本来の薬と比べて有効成分が全く含まれていなかったり、異なる成分が含まれている事もありますし、正規品とは含有量が異なっているのです。

この偽造薬を服用してしまうと、健康に重大なリスクをもたらしたり、命に関わる事も考えられるのです。

しかし、偽造品は錠剤の見た目や包装が正規品と見間違えるくらい模倣されているので見分けるのが困難なのです。

偽造品はスパムメールで勧められたり、違法なWEBサイトで販売されているので注意が必要ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です