種類豊富な頭痛薬の選び方とは?

頭痛薬にはいろいろな種類がありますが、大まかに3つのグループに分ける事ができるのだそうです。

非ステロイド系の抗炎症薬はNSAIDsと、ピリン系解熱鎮痛薬と、非ピリン系解熱鎮痛薬に分けられるのです。

有名な頭痛薬のロキソニン系は第一類医薬品なので、薬剤師がいないと買う事ができず、眠くなる成分は含まれていなくて、頭痛だけでなく様々な部分への作用が期待できる一方で、作用や副作用も強いという特徴がある薬なのです。

もう一つ、有名な頭痛薬のイブ系は非ステロイド系抗炎症薬で、イブプロフェンなどの成分が配合されているため、胃腸に優しくて副作用も少ないと言われていますよ。

頭痛薬のセデス系はピリン系解熱鎮痛薬で、強い頭痛に効果が高いと言われていますし、病院で使われていた薬を市販化したという特徴があるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です