薬を個人輸入する際の危険性

薬の個人輸入で偽物が多いのがED治療薬やダイエットピルなどです。
特にED治療薬は病院で処方されるというのが恥ずかしいということから、個人輸入薬の中でも利用する方が最も多いと言われています。

日本の主なED治療薬はファイザーやバイエルなどがありますが、これらに偽造した薬に注意する必要があるのです。
偽造薬は正規品よりも色が濃く、更にサイズも一回り大きくなっているのが良く見られる違いですが、これらの微妙な変化を普段薬を見慣れない私たちが見ても分かることはほぼないでしょう。

またこうした偽造薬はインターネットを用いた個人輸入だけでなく、勝手に入れられたチラシから購入しても良く見られるそうです。

正規品を製造しているED治療薬メーカー4社の調査によると、こうして医療機関を通さずに入手した薬は55.4%が偽物という結果になりました。
偽造薬による健康被害の報告もあるので、自分の身体のことを考えると医療機関に相談するのが一番安全と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です