皮膚の薬に多いもの

皮膚のお薬に最も多いタイプが、皮膚に起こっている炎症や湿疹、かゆみに対処するものとなります。
こうした症状に対して強力に作用するものとして、ステロイド系薬剤がありますが、ステロイド系薬剤は即効性が高いものの、免疫機能を抑制してしまうなどの副作用があることで、長期間の使用には適していません。
また配合されている量によっても使用方法が変わってくるため、医師の指示を守って使用することが大切です。

非ステロイド性の抗炎症成分は皮膚の火照り、痒みに効果を表しますが、筋肉痛、関節痛、捻挫などに適したものとそうでないものに分けられます。
またこれらにも喘息症状が悪化したり、腫れや刺激などの副作用がありますので、ものによってはステロイド系薬剤と同様に長期連用を避けるものがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です