国内の製薬市場の構造

2015年4月から2016年3月までに調査された国内製薬市場から、今後ジェネリック医薬品は2020年頃までにはそのシェアが80%に達し、新薬かジェネリック医薬品かの2択構造になるとの見通しがされています。

また、医療費の抑制が今後も行なわれていくとされており、診療報酬や薬価の改訂、さらに医薬品自体の使用にも一定の制限がかかると考えられているそうです。
こうなると製薬会社を取り巻く環境が厳しくなりますが、新薬開発の下支えが確実になる可能性もあることから、一概に「厳しい」とも言えない状況が続いています。

新薬に関しては今後もガンや今後の患者数が増えると想定されているアルツハイマー型認知症、糖尿病などに対するものの開発が期待されている状況です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です