医薬品の役割

医薬品は、社会を回っています。どのような仕組みで回っているのでしょうか。

まず、製薬会社が、薬の製造や販売の承認を国に申請し、国が薬の安全性等をチェックし、販売を認めます。認められた製薬会社は、薬局や医療従事者に薬の販売が出来るようになり、薬局では、消費者が薬を買うことが、医療機関では診察し、薬を処方することができるようになるのです。

こちらの役割がないと社会も回らず、薬害が起こってしまうのかもしれません。
薬害の発生が起こらないようにするためには、国や製薬会社、医療従事者がきちんと情報を提供しあい、互いに共有することが重要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です