ジェネリック医薬品

最近、医薬品以外にもよく耳にするようになったジェネリック医薬品はどのようなものなのかわからない人も多いと思います。ですので、ジェネリック医薬品について紹介いたします。

ジェネリック医薬品は後発医薬品のことなのですが、先発医薬品とほぼ同じ有効成分で作られ、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に基づく、厳しい基準や規制をクリアした医薬品なのです。開発にかかる期間が先発医薬品と比べて短いので、費用が安くすむため、価格を安くすることができるのです。日本がジェネリック医薬品を勧めているのは、医療費の抑制をさせたいからだそうです。

ジェネリック医薬品と先発医薬品は効果が少し違うそうなので、薬によっては使い分けたほうがいいそうですよ。薬を間違った時に困るのは自分ですので、自分の身体は自分で守りましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です