薬物療法のメリットとデメリットとは?

薬は辛い症状を和らげたり、病気の治療で使われていますが、もちろんリスクも存在していますので、ぜひ理解しておきましょう。

薬物療法とは薬を服用する治療法で、効果がすぐ現れると言われていますが、再発もあり得るのです。

薬には主作用と副作用があり、主作用は抑えたい症状に対してダイレクトに作用する効果の事ですが、副作用はそれ以外の部分で異常な作用が出るという物であり、目に見えていなくても体のどこかに起きていると言われているのです。

薬を飲む事によって症状が治るのではなく、どこかしらの健常な部分が犠牲になっている事も考えられますよ。

風邪と鼻炎と骨折の時に同じ薬が出る事があるのは、この主作用と副作用が関係しているのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です