花粉症の薬を飲み続けるリスクとは?

花粉症の症状が辛くて花粉症の薬を服用しているという人も多いかもしれませんが、服用によるリスクもありますので知っておきましょう。

花粉症の薬は鼻水やクシャミなど花粉症の辛い症状を抑えられますが、継続的に使用し続けていると体が弱くなったり、花粉症の症状も悪化していくのだそうです。

東洋医学では、体が冷えていたり余分な水分を取りすぎていると花粉症が発生すると言われていて、水毒とも呼ばれているのです。

最近の花粉症は、鼻の粘膜の状態が関係していて鼻本来の役割が機能していない状態だと言われていて、花粉症の薬は鼻や口から異物を追い出す反応を抑えてしまうため、薬による影響で炎症を引き起こしたり、喉に症状が出てくるのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です