薬の飲み間違いを防ぐ方法はあるのか?

服用しなければならない薬の種類が複数ある場合は、飲み間違いしてしまうリスクがありますので、飲み間違いを防ぐ方法について知っておきましょう。

飲み間違いを防ぐためには、服用する薬についての知識を深めておき、なぜ服用しなければならないのか、どのくらいの頻度で服用しなければならないのか、薬ごとに覚えておくようにしましょう。

薬の用法用量を守るためにも、記載事項をきちんと読んでおく事が大切ですよ。

1回量を纏めて保管しておいたり、飲んだ事を忘れないためにも服用した事を紙などに記録しておくと飲み間違いしにくいでしょう。

もし飲み間違えてしまったら、体に何らかの副作用などが表れる事が考えられますので、速やかに薬剤師に相談して対処すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。